スタンプと筆塗り、ボレスワヴィエツの陶器の装飾は誰の手で

Magda Gazur(マグダ・ガズール)

 

M. ガズールは、ヴロツワフ美術アカデミーのセラミックスとガラスの学部を卒業しています。

Magda Gazur(マグダ・ガズール)

Eugeniusz Geppert - 彼女は 2006 年に、教授が率いる第 1 応用セラミックス デザイン スタジオで卒業証書を取得しました。リディア・クプチンスカ・ヤンコウィアク。2005 年から 2006 年にかけて、ウルバーハンプトン大学 (英国) の陶芸学部 (2006 年) とグラフィック コミュニケーション学部 (2005 年から 2006 年) で学びました。2010 年には、ワルシャワ経済大学と協力してインダストリアル デザイン研究所が実施した大学院研究「新製品開発管理におけるデザイン デザイン」も修了しました。

 

2022 年、彼女は博士論文「Around the table. ヴロツワフの美術アカデミーで、伝統的な製造技術が現代の機能的なフォルムに与える影響」(スーパーバイザー Dr Hab. prof. ASP Joanna Teper)、

 

彼女は、マヌファクトゥーラが協力するよう招待した最初の陶芸家でした。

2011年に外部協力者として工場の朝食セットをデザイン。彼女は個々の皿の形と装飾の両方を開発しました。正方形の形をベースにしたセットの場合、彼女は単純なパターンを提案し、表面を露出させましたが、それは受け入れられませんでした. フォームのセットは、小さなドットのクラシックな装飾で作成されました。

 

現在、M. Gazur は主にコンセプチュアルに取り組んでいますが、効果的にデザインするには経験が必要であるため、より早い段階で「素材を使いこなす」必要があります。工場で働いている間、M. ガズールはТ錣寮源困慮続Δ砲弔い導悗咾泙靴拭H狃はその生産の特異性を尊重することを学び、植物の個々の部門の機能に関する知識が知識の重要な要素であると考えています. 彼は自分の作品と同一視します。彼女は現在のプロジェクトに焦点を当てており、人々と彼女が活動している環境を気にかけています。

 

インスピレーションを求めていません。アイデアは自然に彼女に浮かび、最終的な形になるまでゆっくりと結晶化します。朝の 4 時に突然面白いアイデアが浮かぶまで、1 か月間何も新しいことが思い浮かばないこともあります。昼夜を問わず、アーティストは細心の注意を払って記録します。彼の作品では、プロジェクトの開発に関する創造的な作業の後、従業員のチームが最終的な形を与える「具体化」の時が来る瞬間が好きです。技術者、モデラー、デコレーターと相談しながら進めていきます。これにより、デザインだけでなく生産の面でも、固定観念やスキームを打ち破ることができます。トップにとどまり、トップにとどまるためには、一生懸命、一貫して働かなければなりません。

M. ガズールは、後続の食器の形をデザインし、装飾を試すことで、会社のアイデンティティに貢献しています。それは意識的に地元の遺産に言及していますが、伝統の新しい顔を見せようとしています。ボレスワヴィエツの特徴であるコバルトに言及し、彼女は「ブルー ライン - トラディション」(2016) と「ブルー ライン - モダン」 (2016) コレクションを紹介しました。最初のものは、円と点の伝統的なモチーフに基づいていました。2 番目の作品では、M. ガズールは複数の幾何学的スタンプを使用し、それらをブラシでペイントした幅広のコバルト バンドと並べました。2016 年、「モダン」コレクションは、ウッチ デザイン フェスティバルで「必須」賞を受賞しました。

 

ヴィンテージデザインの人気の波に乗って、彼女は2014年に「60s」コレクションを提案しました。最初のエディションは、コバルト、ブラウン、グリーンの色の4面スタンプが皿の表面全体を覆っていました。新しいバージョンでは、M. Gazur は、赤いアクセントの付いたコバルトで乗算された菱形のモチーフを使用し、シリーズが「Karo」(2020) と名付けられました。M. Gazur によって作成されたフォームと装飾のセットは、ウッチ デザイン フェスティバルで「必需品」の称号を授与されました。D. Poremska (DPLC) による最も有名な Manufaktura パターンの 1 つに基づいて、ミューティファイド フローラル スタンプのバンドで構成される、彼女は「ブルー ライン - ウェディング」コレクション (2016) を構成する一連のパターンのコレクションを作成しました。で、DPLC パターンのマルチカラーがブルー、コバルト、ホワイトの繊細でクールな色合いに縮小されました。

 

ボレスワヴィエツはコバルトの点だけでなく、色とりどりの釉薬と装飾の万華鏡であるため、彼は大胆により多くの色に手を伸ばし、固定観念を打ち破り、赤や緑もボレスワヴィエツの陶器に完全に対応していることを証明しました。そして、彼はこの多様性を創造的に使おうとしています。彼女は、色とりどりの春の牧草地で覆われた皿を、自由に組み合わせたり混ぜたりできるさまざまなモチーフでデザインしました。2017年から制作されたシリーズは「フラワーライン」と呼ばれています。単色の「Roses」コレクション (2018) では、M. Gazur はさまざまな構成の皿にバラの形をしたスタンプをいくつか使用し、時には赤い幅広のバンドと組み合わせて微妙な花柄のフレームを作成しました。「Flower -Line Roses」コレクションは、フランクフルトで開催された Ambiente 2019 Fair の Trend Avenue でのプレゼンテーションに選ばれ、「Trends Solutions」賞を受賞しました。熱帯雨林の植生を表現したグリーンを基調とした最新コレクション「フォレストライン」(2022年)もヒット。「タッチ ライン」工場の 30 周年を記念して作成された限定前衛的な装飾は、マヌファクトゥーラの「心」であるペイント ショップの歴史の芸術的な記録であり、言及に値します。デコレータの指によって作られたコバルトのドットで覆われた 100 セットのコレクションは、Manufaktura で作られた装飾の工芸品の特徴を強調しています。熱帯林の植生「フォレストライン」(2022年)に言及。「タッチ ライン」工場の 30 周年を記念して作成された限定前衛的な装飾は、マヌファクトゥーラの「心」であるペイント ショップの歴史の芸術的な記録であり、言及に値します。デコレータの指によって作られたコバルトのドットで覆われた 100 セットのコレクションは、Manufaktura で作られた装飾の工芸品の特徴を強調しています。熱帯林の植生「フォレストライン」(2022年)に言及。「タッチ ライン」工場の 30 周年を記念して作成された限定前衛的な装飾は、マヌファクトゥーラの「心」であるペイント ショップの歴史の芸術的な記録であり、言及に値します。デコレータの指によって作られたコバルトのドットで覆われた 100 セットのコレクションは、Manufaktura で作られた装飾の工芸品の特徴を強調しています。

 

M.ガズールは陶器だけではありません。2021 年、彼女は Piechowice の Crystal Glassworks "Julia" の HopOnTop コレクションをデザインしました。これは製鉄所と協力して実施された別のプロジェクトであり、M. Gazur が発案者であり共同執筆者であったプロジェクト「Polish Table」の後に、広くコメントされ、熱狂的に受け入れられました。当時、ボレスワヴィエツの「マヌファクトゥーラ」、ヴァウブジフの「磁器クシシュトフ」、ピエホヴィツェのガラス工房「ユリア」の 3 セットの食器が作られました。このコレクションに含まれる朝食セット No. 1 は、2015 年のウッチ デザイン フェスティバルで「必須」のサインを受賞しました。

 

M. ガズールはまた、伝統的なコバルトの孔雀の目のパターンと色を参照したカーペットのコレクション (2022) の作成も担当しています。デザイン活動に加えて、M. ガズールは、「Akord」、「Kółko/Kropka/Kreska」、「On The Table」などのガラスと陶器に関する展覧会のキュレーターを務めてきました。

 

彼女は2009年、第45回インターナショナル・セラミックス・アンド・スカルプチャー・プレイン・エアのために初めてボレスワヴィエツを訪れました(その後2年間、彼女はコミッショナーを務めました)。

 

この期間中、それは Bolesławiec Sp の Manufaktura に行きました。

z oo sp. k. (2022 年までは Fabryka Uczyń Kamionkowych Manufaktura Sp. J. Smoleński i Zwierz) に所属し、2011 年にプロとして関与するようになりました。

当初はアーティストとして雇用されていましたが、2013 年にデザイナーの地位に就きました。やがてチーフデザイナーを任され、現在はアーティスティックディレクター。彼女は Manufaktura の設計だけでなく、販売部門と緊密に協力して、部門間の協力を調整し、製品のプロモーションを担当しています。

 

バラ

 

マグダ・ガズール著

 

喜び、完璧さ、美しさ、魂、永遠、愛-これらは花の女王であるバラにまつわるイメージのほんの一例にすぎません。

ラテン語で「sub rosa」という表現は、秘密裏に共有されたメッセージを意味します。

ボレスワヴィエツのManufakturaで活躍する重要なアーティスト、マグダ・ガズールの新しいコレクションは、この薔薇を中心に構成されています。
しかし、薔薇はおばあちゃんの食器というイメージしかありません。伝統的なバラの模様が、強い赤の平面とモダンなスタンプの形によって強調された、モダンなコレクションです。

 

マニュファクチュールw


※写真:Muzeum Ceramiki w Bolesławcu » Kanał z wpisami(ボレスワヴィエツの陶器博物館)