ペイザージュにお気軽にお問合せ

デザイナー紹介

クラウス・ハーパニエミ

クラウス·ハーパニエミ(Klaus Haapaniemi)

1970

クラウス·ハーパニエミ(1970年生まれ)は、国際的に認められたデザイナーです。 ディーゼル、リーバイス、マリメッコ、ドルチェ&ガッバーナ、キャシャレルとベラの死者のための衣服をプリント、新ブランドを手がけています。彼はまた、イタリアのファッションハウスバンタムのクリエイティブ·ディレクターとして一緒に働いていたフィンランドの作家ロサ·リクソムと「ジャイアンツ」と題する本を出版し、オブザーバー新聞のイラストを制作、展示会で彼の作品を示しています。
彼のイラストは、神秘的なイッタラ タイカコレクションに良い例を民俗への参照を持っていることは事実です。

2015年にクラウス·ハーパニエミが利口な女狐の物語が同じオペラをもとにフィンランド国立オペラ月2015年に行わオペラの公演のための視覚世界を作成することによって、彼のオペラのセット設計のデビューをした、と彼はイッタラのためTanssi(タンシ)コレクションを作成しました。


シリーズ: タイカ / Taika(タイカ) テキスタイル / Tanssi(タンシ)

デザイナー: Klaus Haapaniemi(クラウス·ハーパニエミ)

14時までのご注文即日発送
郵便振替等の前払を除く

FAX注文用紙
FAXでもご注文いただけます

商品ブランドで選ぶ
北欧ブランド
中欧・東欧ブランド
南欧ブランド
西欧ブランド
日本ブランド
その他の地域

店舗でのご購入にあたって

北欧雑貨入荷状況

生産終了(廃番)情報

北欧食器原産国一覧

暮らしを育む特集

デザイナー紹介

ダイニング ラルゴ in 柳井

柳井地域情報

価格改定

SNSで情報発信中

facebook

Twitter

Instagram

Pinterest

Pinterest

ページトップへ