ペイザージュにお気軽にお問合せ

デザイナー紹介

タピオ・ヴィルカラ

タピオ・ヴィルカラ(Tapio Wirkkala)

タピオ・ヴィルカラ(1959年)

今年、2015年はタピオ・ヴィルカラ生誕100年になります。

タピオ・ヴィルカラ 1915年6月2日~1985年5月19日)は、フィンランドを代表するデザイナー、彫刻家。

1947年、イッタラ社のデザインコンペに優勝し、1951年にミラノで行われたトリエンナーレで三部門金メダルを受賞し、名声を不動のものとしました。彼のデザインは、ガラス食器やカトラリーといったテーブルウェアから、テーブルや椅子、照明といった家具、ケチャップやシャンプー容器などの工業デザイン、紙幣やオリンピックの記念切手にいたるまで、実に多彩でした。

氷や水、木の葉など、自然の要素を巧みにモチーフに取り入れ、見る者にフィンランドの自然と対峙しているかのような感覚を抱かます。

1951年から1954年の間は、ヘルシンキ工芸大学の芸術科教授として、後進の指導にも当たりました。

ガラス製品
1952年: イッタラ タピオ (Tapio) ※トリエンナーレ入賞作品
1968年: イッタラ ウルティマ・ツーレ (Ultima Thule) シリーズ ※タンブラー、ショットグラス等




タピオ・ヴィルカラ


14時までのご注文即日発送
郵便振替等の前払を除く

FAX注文用紙
FAXでもご注文いただけます

商品ブランドで選ぶ
北欧ブランド
中欧・東欧ブランド
南欧ブランド
西欧ブランド
日本ブランド
その他の地域

店舗でのご購入にあたって

北欧雑貨入荷状況

生産終了(廃番)情報

北欧食器原産国一覧

暮らしを育む特集

デザイナー紹介

ダイニング ラルゴ in 柳井

柳井地域情報

価格改定

SNSで情報発信中

facebook

Twitter

Instagram

Pinterest

Pinterest

ページトップへ