ペイザージュにお気軽にお問合せ

北欧雑貨や食器で暮らしを育む

リサラーソンの猫たちについて

北欧の陶芸家リサラーソン


最近、バッグやお弁当箱など色んなところで可愛い猫のイラストを目にするようになりました。例えば、ユニクロのTシャツや雑誌の付録などでもよく見かけます。

でも意外とその作者が誰なのかご存じない方も多いもではないでしょうか。 そこでその作者であるLisa Larson(リサラーソン)についてお話してみましょう。



リサ・ラーソンの魅力はそのデザインや作品にとどまらず、ライフスタイルに憧れるファンも多くいらっしゃいます。
そのリサラーソンについて少しでも知っていただきたいと思います。



■リサラーソン年鑑

・1931年
 リサラーソンは1931年9月9日にスウェーデン南部の農村に生まれました。

・1948年
 17歳のときアートスクールの陶芸家に入学し、陶芸家の道に進もうと決心しました。

・1952年
 21歳の時、美術学校で出会ったグンナルと結婚

・1954年
 グスタフスベリ入社

・1955年
 パロマ誕生(初の署名入り)

・1956年
 リラズー小さな動物園を発売

・1957年
 ストラズー・ABC少女スティナ・日本の女性を発売

・1959年
 スティムシリーズを発売

・1960年
 29歳に、リサラーソンの第1子ヨハンナが誕生

・1962年
 ヨハンナ、マリーン、スーサン、ロッタを発売
 31歳に第2子マティアスが誕生

・1964年
 ペレ、カッレを発売
 ドンキー誕生

・1965年
 ライオン誕生

・1967年
 36歳に第3子アンドレアスが誕生

・1969年
 ガールズパワー(大、小)、ピッピを発売

・1970年
 陶芸の売れっ子となり日本初来日
 39歳の時、大阪万国博覧会にスウェーデンのデザイナーの一員として訪問

・1971年
 トラフィックシリーズ発売

・1972年
 ケンネルシリーズ(犬の作品)、フレンズ発売
 エヴァとアダム、財務大臣、トリップトラップトロール

・1975年
 44歳の時、住みなれたグスタフスベリからストックホルム郊外に住居を移す
 WWFとコラボレーションした世界の絶滅危惧種に指定された動物シリーズ

・1977年
 ユニセフとコラボレーションした世界の子供たちシリーズ

・1979年
 アドベントシリーズ

・1980年
 49歳の時、グスタフスベリを退社
 フリーデザイナーになる

・1981年
 リサ・ラーソンデザイン社を設立

・1987年
 グスタフスベリ閉鎖

・1990年
 WWFとのコラボレーション第2弾を発売

・1992年
 ケラミックスタジオを設立し、2002年まで経営に関わる
 アート作品の制作に専念し始める

・2012年
 81歳の時、結婚60周年

・2017年
 86歳



■リサラーソンの主な陶器作品たち


・ハリネズミ
 IGGY(イギー)、PUNKY(パンキー)、PIGGY(ピギー)


・ライオン
 リサラーソンと言ったらLION(ライオン)が有名ですよね


・猫
 CAT MAYA(マヤ)、CAT MIA(ミア)、CAT MANS、CAT MOSES など


・犬
 KENNEL SERIES(ケンネル シリーズ)
 シリーズを一つづつ集めていくのも良いですね


・SKANSEN SERIES(スカンセン シリーズ)
 ストックホルムにある動物園のことで北欧の動物たちをコレクションするのもいいですね


・BIRD
 色んな鳥たちが陶器になっています


・MINI ZOO MINI SERIES
 2011年に新作として発表されたシンプルでナチュラルな動物たちです


・CHILDREN
 「ユニセフの子供募金」のためにデザインされた子供たちです


・FIGURE
 リサラーソン独特のあたたかくも優しい雰囲気のシリーズです


・VIKING
 リサのモチーフの一つのバイキング シリーズ


・WARDROBE SERIES
 ワードロープ シリーズは落ち着いた色味なのでどんなお花も似合います
 もちろん、お花を生けずに飾っておいても素敵です


・CANDLE HOLDER
 オブジェとして飾っても、キャンドルホルダーや器としても活用できます


・JAR SERIESE
 小物入れになっていて、ふたの部分にはいろんなモチーフがありユニークな作品です


・SANTA
 どこか愛らしさを感じるサンタたちです



北欧スウェーデンの陶芸家リサラーソンの作品はこちらへ



イッタラ カステヘルミの生い立ち

イッタラ カステヘルミについて

カステヘルミのビンテージ製品を見ているとメーカーがヌータヤルヴィとかアラビアとか書かれていて現在のイッタラとなぜ違うのか気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。


イッタラ カステヘルミの成り立ち

Kastehelmi(カステヘルミ)は厚めのプレスガラスとドット模様が特徴で、1962年に入社したOiva Toikka(オイヴァ・トイッカ)のデザインにより、Nuutajarvi(ヌータヤルヴィ)から1964年にKastehelmi( カステヘルミ )が発表されます。

しずくをモチーフに、様々な丸い形が規則正しく並べられています。見て涼やか、触っても心地よいデザインで、制作時期によって模様や色合いなどに違いが見られます。

ヌータヤルヴィは、1793年にフィンランドのヌータヤルヴィ地方で創業し当初は窓のガラスや家庭用のグラスなどを製造していましたが、1851年から吹きガラス工法を使ったアートガラスの制作を始め、工房として次第にその吹きガラスの技術を高めていきました。


このフィンランドで最も歴史のある老舗メーカーは、1950年にヌータヤルヴィの工場が焼失したことで、ARABIAを率いるWartsilaグループに売却され、ヌータヤルビィの製品はArabia-Wartsilaブランド下で販売されるようになります。この時の製品にはWartsilaやARABIAのステッカーが貼ってある場合があります。

現在ヌータヤルビィはイッタラやアラビアと同じイッタラグループの傘下にあり、一般製品は製造されてはいませんが、iittalaのバードコレクションなど、長年の技術を受け継ぐ職人たちによってアートグラスを供給する優れた工房として存続しています。

1988年にiittala(イッタラ)と合併しましたが、ヌータヤルヴィ製品の人気は今なお高く、世界中にコレクターも多く抱えます。


これでお判りでしょう、なぜカステヘルミのメーカーが変わってきたのかが。


イッタラ カステヘルミのご購入はこちらへ


幸せを呼ぶ北欧の「フクロウ」たち

幸せを呼ぶ鳥「フクロウ」をおうちに

世界中で愛されているフクロウは、古代ギリシアでは農業の守り神そして、女神アテネの従者でもあり、ヨーロッパでは知恵の象徴として親しまれています。
日本でも古くから神お使いと言われ、当て字で「不苦労」「富久郎」とか書いたりして縁起のいい鳥として昔から愛されています。

そんな世界中で愛されているフクロウですが、おしゃれな北欧テイストのガラスや陶器のオブジェはインテリアとして取り入れたいもののひとつでしょう。
北欧デザインの「フクロウ」をインテリアにプラスして福を呼びこんでみられませんか。
風水ではフクロウの置物を玄関に置くとよいともいわれます。

結婚祝い、引越し祝い、お誕生日などの贈りものにも最適ではないでしょうか。


置物
バード バイ トイッカ Barn oul(フクロウ・親)【iittala|イッタラ】はこちら>>
バード バイ トイッカ Owlet(フクロウ・子)【iittala|イッタラ】はこちら>>
バード バイ トイッカ Little barn oul(フクロウ・ヒナ)【iittala|イッタラ】はこちら>>
OWL(S)【Lisa Larson |リサラーソン】はこちら>>

食器
タイカ シリーズ 【iittala|イッタラ】はこちら>>

バルサミコの分類商品は大きく分けて2種類

当店(ペイザージュ)で販売しているバルサミコは大きく分けて2種類あります。

どちらも、ぶとう果汁から作られる調味料ですが作り方に違いがあるものです。
簡単にいうと次のようになります。
ぶどうの圧縮汁を煮詰めて作っているもの = SABA(サバ)
ぶどうの圧搾汁をアルコールで酢酸発酵させたもの = バルサミコ酢
要するに発酵していないものと発酵させたものとの違いです。



健康食としても注目のSABA(サバ)。
熟成して酢になる前の、ぶどうの甘酸っぱい風味がそのまま凝縮されています。


SABA(サバ)とVincotto(ヴィンコット)の違いは生産地
SABA(サバ)と同じくVincotto(ヴィンコット)もよく聞きます。どちらもぶどうから作られる100%天然の甘味料です。

SABA(サバ)とは
ロマーニャ州モデナで作られる、トレッビアーノ種やランブルスコ種を使用しているのがサバ Sabaと呼ばれているものです。

Vincotto(ヴィンコット)とは
プーリア州で作られる、南イタリアの土着品種ネグロアマーロ種・マルヴァジアネーラ種の2種を使用しているのがヴィンコットと呼ばれているものです。


万能調味料としても活躍してくれるSABA(サバ)
SABA(サバ)は深みやこく、まろやかさがあり、味をしっかり決めてくれます。
いつものソテーでもSABA(サバ)を使うだけで、ちょっとお洒落な料理に変身です。
アイスクリームやヨーグルト、果物に。他にも、煮豚や和食の隠し味、カルパッチョやサラダのドレッシングなどに使える調味料なのです。

コンディメント バルサミコ SABA(サバ)4年もの (250ml)


バルサミコ酢
バルサミコ酢は果実酢の一種で原料がぶどうの濃縮果汁であることと、長期にわたる樽熟成が特徴です。
イタリアの特産で、アチェート・バルサミコといわれ、短縮してバルサミコとも呼ばれています。この意味は、イタリア語でaceto(アチェート)は「酢」、balsamico(バルサミコ)は「芳香がある」です。


・トラディツィオナーレ(伝統的なバルサミコ酢)は最低12年の熟成や、原料のぶどうの種類、その他細かな製法が法律で定められています。

・アチェート・バルサミコ
熟成期間が短い6年もの・8年ものなどがありますが、これらはトラディツィオナーレを名乗ったりDOP指定を受けたりすることはできず、ラベルの表記はaceto balsamico(アチェート・バルサミコ)となります。

・普及品
一般的なレストランや家庭で使うには高価になりすぎるため、熟成していないぶどう酢をもとに着色料や香料、カラメルなどを添加して作られる普及品が市場には出回っています。
とはいえ、味をできる限り高級品に近づけるため材料や工程にこだわったり、高級品には及ばないにしても3年~5年程度の比較的長い熟成を経たものもあります。
トラディツィオナーレやそれに準ずる品に比べると格段に安いですが、通常の食酢と比べればやはり高価なものです。これらは決して粗悪品というわけではありません。
必要量を小鍋に入れ弱火で煮詰める調理法で、普及品でもより高級品に近い味が得られます。
サラダなどのあっさりした料理には、熟成が浅く酸味が強い酢であることで逆に通常の酢に近い使い方をすることもできます。

バルサミコ4年もの (250ml)



SABA(サバ)やバルサミコ酢を北欧食器と合わせてプレゼントするのもお洒落ですよ♪

食卓を豊かに「バルサミコ酢」

バルサミコ酢は果実酢の一種です。

原料がブドウの濃縮果汁であり、長期に樽熟成されているのが特徴です。
バルサミコと一般的に短縮して呼ばれますが、イタリア特産のアチェート・バルサミコのことです。これは、イタリア語で「aceto/アチェート」は酢、「balsamico/バルサミコ」は「芳香がある」という意味だそうです。
DOP(品質認定表示)に定められた伝統的なバルサミコ酢の製造は、イタリア国内でもエミリア・ロマーニャ州のモデナとレッジョ・エミリアの2地域のみに限定されています。

日本のスーパーなどには大量生産されたバルサミコが多く輸入されて販売されています。これは熟成されていないブドウ酢を主体に着色料・香料・カラメルなどを添加し、大量生産によって作られた普及品が出回っていいます。
これを使ってガッカリされ、バルサミコは酸っぱいだけと思われている方も多いのではないでしょうか。

ペイザージュでお勧めしている商品をお試しいただくとイメージが変わってくると思います。
サラダにドレッシングのようにかけるほか、肉料理や魚料理、アイスクリームやヨーグルト、果物になどいろいろな使い方ができます。
そのうえ、ポリフェノールが黒酢の約3倍も含んでいますので、抗酸化作用で血液をサラサラにしたり、肝機能を向上させたり、美肌効果もあるなどが期待でき優れた調味料なのです。

プレゼントしても喜んでいただけること間違いないですよ♪



コンディメント バルサミコ SABA(サバ)4年もの (250ml)バルサミコ4年もの (250ml)

イッタラ 2016年の新色はエメラルド

New glass colour emerald(エメラルド)

この鮮明な色は、1932年にアイノ・アールトコレクションにおいて注目されました。
この新しい色エメラルドは過去に影響を受けて決定されました。
この宝石のような色は、ガラスのオブジェクトにノスタルジックでもあり、豪華な感じを与えます。
それはイッタラの各種カラーの取り合わせに力を促し、他の色をそれと共に輝かせてくれます。
エメラルドは、家に洗練されてさわやかなオアシスをもたらし、ピンク色をほのめかすことによってより生きてきます。
それは、年を通して使われることができるグリーンです。常緑植物であなた自身のオアシスをつくってください。

新色のお買い求めはペイザージュでお待ちしています。


イッタラのエメラルド カラー商品はこちら >>


イッタラ エメラルド カラー

カトラリーの選び方

カトラリーの選び方

カトラリーは、ブランドを統一してテーブルにお洒落に並べることを考えて選ぶといいでしょう。
下記をご参考に、お気に入りのアイテムを見つけてください。


テーブルナイフ
コース料理ではメインディッシュ用に使われることが多いナイフで他のナイフより大きいサイズです。
肉料理は勿論のこと、ソースが少ない魚料理にも使われます。
レストランによってはオードブル用にも使われます。


テーブルフォーク
コース料理ではメインディッシュ用に使われることが多いフォークで他のフォークより大きいサイズです。
ナイフと同様に肉料理・魚料理どちらにも使われます。
レストランによってはオードブル用にも使われます。


テーブルスプーン
コース料理ではメインディッシュ用に使われることが多いスプーンで他のスプーンより大きいサイズです。
ブイヤベースなどのスープ仕立ての魚料理やシチューなどの肉料理に使われます。
また、メインディッシュではありませんが、スープにも使われます。


デザートナイフ(ディナーナイフ)
テーブルナイフよりも小ぶりなサイズです。
デザートレストランやカフェではデザートでよく使われることが多いですが、デザートだけではなく、オードブル、チーズ用としても使われます。
一般のレストランではオードブルも本格的な料理が多いためテーブルナイフが使われ、こおナイフはデザート用として使われることが多いようです。
なお、フォーマルなセッティングでは、テーブルナイフとデザインを統一されることをお薦めいたします。
◎ご家庭ではステーキ、ハンバーグなど用に日本人に適したデザートナイフ(ディナーナイフ)がいいでしょう。


デザートフォーク(ディナーフォーク)
テーブルフォークよりも小ぶりなサイズです。オードブル、チーズ用としても使われます。
ナイフが必要ないデザートの時は、デザートフォークとデザートスプーンがセッティングされます。
フォーマルなセッティングでは、テーブルフォークとデザインを統一されることをお薦めいたします。
◎ご家庭ではパスタやハンバーグ、サラダなど用に日本人に適したサイズのデザートフォーク(ディナーフォーク)がいいでしょう。


デザートスプーン(ディナースプーン)
テーブルスプーンよりも小ぶりなサイズです。
ソースの多いオードブルやスープ仕立てのオードブルにも使われます。
ムースのようなデザートではデザートスプーンのみセッティングされることもあります。
フォーマルなセッティングでは、テーブルスプーンとデザインを統一されることをお薦めいたします。
◎ご家庭ではカレーやピラフなど用ににほんじんに適したサイズのデザートスプーン(ディナースプーン)がいいでしょう。


スープスプーン
テーブルスプーンよりスープをすくう部分の径が大きく、長さが短くなっていて、スープを飲むのに適した形状をしています。
また、スープを飲むとき、口にスプーンの先端を直角に当てられる方は、先端が細くなっているテーブルスプーンの方が適しているかも知れません。


ティースプーン
カップ&ソーサーに添えられるティー用のスプーンです。
フォーマルなセッティングではテーブルスプーンと同じデザインを統一されることをお薦めいたします。
◎ご家庭では色んなデザインのスプーンを用意しておき、カップとデザインの組み合わせを楽しむのがいいでしょう。


コーヒースプーン
普通のカップ&ソーサーに添えられるコーヒーのスプーンです。
フォーマルなセッティングではテーブルスプーンと同じデザインを揃える事をお薦めいたします。
◎ご家庭では色んなデザインのスプーンを用意しておき、カップとデザインの組み合わせを楽しむのがいいでしょう。


デミタススプーン
コーヒースプーンより小ぶりで名前の通りデミタスカップでエスプレッソなどを飲む場合に添えられます。
フレンチレストランやイタリアンレストランでは食後にエスプレッソを出すのが一般的なので必要となります。
◎ご家庭ではエスプレッソ用のカップ&ソーサーと組み合わせて楽しむのがいいでしょう。


ケーキフォーク
ティースプーンと大きさを揃えたフォークです。
フォークだけで食べられるケーキをお出しするだけでしたら、ケーキフォークで充分です。
本格的なデザートをお出しする時は、デザートナイフ、デザートフォーク、デザートスプーンが必要になります。
フォーマルなセッティングをする時はテーブルフォークとデザインを統一されることをお薦めいたします。


バターナイフ
バターをバターディッシュから取分けるのに使います。
ご家庭ではそのままバターナイフでパンにバターを塗ることにも使います。
フォーマルなセッティングをする場合、テーブル毎にバターディッシュと一緒にセッティングする必要があります。
またテーブルナイフとデザインを統一されることをお薦めいたします。


バタースプレダー
バターディッシュからパン皿に取分けたバターをパンに塗るのに使います。
フォーマルなセッティングをする場合、テーブルに着席する人全員にバタースプレダーをセッティングする必要があます。
フォーマルなセッティングではテーブルナイフとデザインを統一されることをお勧めいたします。


アイスクリームスプーン
アイスクリーム用のスプーンです。
アイスクリームがすくい易くなっています。
フォーマルなセッティングではテーブルフォークとデザインを統一されることをお薦めいたします。


※デザートシリーズは、いかにもメロンなどデザートを食べるカトラリーのように思いがちですが、元々海外で生まれたものですので、手のサイズや口も大きくない日本人にはデザートシリーズがディナー用として適している場合が多いので名前に迷わされないようにしましょう。


お勧めのブランド

「SUNAO」のカトラリーはこちら >>>

「クチポール」のカトラリーはこちら >>>

ティーマの生い立ち

イッタラのティーマは、カイフランクの名作であるアラビア社のキルタを原作として作られました。

キルタは、多くの一般の人たちに美しくて使いやすい陶器として愛されて使われてきました。

1974年に愛されながらも残念ながら生産終了となってしまいましたが、1981年にイッタラ社でティーマという名前で新しいキルタが誕生したのです。
食器を同じのシリーズで統一する必要もなく、他の食器とも組み合わせやすいことがキルタの人気の理由でした。

ティーマは、キルタの良さを受け継ぎながらも、キルタよりカジュアルでカラフルなのに落ち着いた雰囲気のより誰でも使いものになっています。

お部屋のインテリア

北欧インテリア

シンプルな中にも個性を大切にされる北欧好きの方にあなたの気持ちを込めてギフトを贈りませんか。

「長く過ごすことが多いリビング」

北欧の冬は、長く、暗く、厳しいものです。
北欧の人々は、心身を健康に保つために居住空間に小さな工夫を凝らして、快適に過ごせるように室内を設えます。

内装は、白い壁と天井にナチュラルテイストのカラーやモノトーンの床に、家具や照明等のインテリアアイテムは、シンプルでモダン、明るいカラーのものを。
心も身体も温もるような、ファブリックや小物、装飾品をプラスして、居心地の良い空間を作ってみませんか。

例えば壁には、フィンランドらしいムーミンのファブリックパネルなどいかがでしょう。 また、2014年秋から半年ごとに出てくるARABIA/アラビア「ムーミンツリー」を増やしていくのも楽しみが有っていいですね。
照明はレクリントのペンダントを吊るすだけで雰囲がでてきます。
キャンドルホルダーのイッタラ キビ(Kivi)でキャンドルを焚くものお洒落ですね。
棚やテーブルの上にリサラーソンの陶器をさり気なく置いてもいいですね。
あなたらしい雰囲気を作っていきませんか。

ペイザージュではこれらの商品を通販でもお届けいたします。


贈って喜ばれるテーブルウエア

>>> 北欧食器のギフトはペイザージュ 柳井で <<<

北欧食器と言って誰もが耳にしたことがある名前はイッタラ、アラビア、ロールストランドではないでしょうか。
これらの名前は、すべて北欧食器を代表する陶器メーカーのブランドなのです。 暮らしの中で考えられた使い易いデザインと共に、北欧らしい色使いや絵柄が魅力を倍増させてくれます。
ペイザージュも北欧の精神に見習い、使い捨てではない、時を経て長い間使いこまれてゆくものを提案しています。
量販店にあるものと比べると決して安くはありませんが、それに見合って毎日の食卓を特別な時間へ変えてくれるものと思います。
ペイザージュでお手に取っていただき、カタログでは感じえないサイズ感や色合いが気に入ったものと出会うことができましたら、ぜひご自宅へ迎え入れてください。
また、ペイザージュではネットショップでの販売も行っています。
イッタラ、アラビア、ロールストランドのブランドでネットショップに掲載していないものもございます。
在庫の無いものはお取寄せもできますので、メールや電話でお問合せください。

ギフトやお中元,、お歳暮はもとより、内祝、引き出物、お誕生日の贈り物のお手伝いをさせていただきます。

ペイザージュではこれらの商品を通販でもお届けいたします。


14時までのご注文即日発送
郵便振替等の前払を除く

FAX注文用紙
FAXでもご注文いただけます


会員登録200P

ポイント還元1%
さらに5の付く日は2倍
会員特典クーポン有り


お客様の声100P

商品ブランドで選ぶ
北欧ブランド
中欧・東欧ブランド
南欧ブランド
西欧ブランド
日本ブランド
その他の地域

店舗でのご購入にあたって

北欧雑貨入荷状況

生産終了(廃番)情報

北欧食器原産国一覧

北欧雑貨や食器で暮らしを育む

北欧のデザイナー紹介

ダイニング ラルゴ in 柳井

価格改定

SNSで情報発信中

facebook

Twitter

Instagram

Pinterest

Pinterest

ページトップへ