ペイザージュにお気軽にお問合せ

デザイナー紹介

カイ・フランク

カイ·フランク(Kaj Franck)

1911-1989

ヴィボルグ、フィンランド生まれ。カイ·フランクは、フィンランドデザインの良心として記載されています。彼のデザインに過度のすべてを削除しています。カイ·フランクは、フィンランドとの国際的な賞と賞品を多数受賞しています、彼の作品は、世界中のデザイン·ミュージアムの範囲で表示されています。彼の最も有名なオブジェクトのいくつかは、イッタラ ティーマの食器やグラスシリーズKartio(カルティオ)です。


シリーズ: Kartio(カルティオ) / ティーマ / Ateenan aamu / Lokerovati / Purnukka

デザイナー: Kaj Franck(カイ·フランク)

アルヴァ・アアルト

アルヴァ·アアルト(Alvar Aalto)

1898-1976

1898年にフィンランドのKuortaneに生まれ、アルヴァ·アアルトは、彼のユニークなスタイルと卓越した才能を通して近代建築のマスターとして彼の名前を作った。彼は彼の妻アイノ·アールトと密接に働いた。

アアルトは、世界中、特に、コンサートホール、図書館、病院、美術館や個人の家を設計しました。彼の作品は、1930年代にすでにニューヨーク近代美術館で展示された。アアルトも元々の建物や装飾品の一部になることを意図していたいくつかのオブジェクトをデザインしました。しかし、オブジェクトは、自分自身の人生を引き受けた。

アアルトがデザインしたオブジェクトの最も有名なのは最初の1937年のパリ万博で見られたアアルトの花瓶、です。独立して、一緒に彼の妻アイノアールトと、アルヴァ·アアルトは汎用性の高いオブジェクトの数をデザインしました。
流れるような有機的なフォルムは今もイッタラの工房で、手吹きで制作されています。モダンデザインのアイコンと呼ぶにふさわしい品です。


シリーズ: アルヴァ·アアルトコレクション

デザイナー: Alvar Aalto(アルヴァ·アアルト)

アイノ・アアルト

Aino Aalto(アイノアアルト)

1894-1949

1894年にヘルシンキで生まれアイノMarsioは、ヘルシンキ工科からアーキテクチャで学位を取得し、その後まもなく1924年にアルヴァ·アアルトの建築事務所で働き始めました。彼女はアルヴァ·アアルトと結婚し、新しい姓と生涯のパートナーを得て1949年にアイノが亡くなるまで、密接に一緒に働きました。
アイノ·アアルトのライフワークの意義は計り知れません。彼女は、デザインや建築の分野で彼女の強い、偏見のない、近代的な手形を残しています。
彼女は最高のそのデザイナーの名の下にイッタラのコレクションにある今日、彼女は1932年に設計されたBölgeblickグラスシリーズで知られています。
Aino Aalto(アイノアアルト)は1932年に水に投げた石で作られたサークルに触発されデザインしたという、Bölgeblickグラスシリーズで知られています。
現在、アイノアアルトといっているiittala(イッタラ)グラスは、はじめBölgeblick(ボルゲブリック)と呼ばれていたのです。
それにしても80年以上前にデザインされて、未だに新鮮であるこのグラスシリーズはすばらしい。

このシリーズはイッタラの中でももっとも古いグラスシリーズです。


シリーズ:アイノアアルト


デザイナー: Aino Aalto(アイノアアルト)

タピオ・ヴィルカラ

タピオ・ヴィルカラ(Tapio Wirkkala)

タピオ・ヴィルカラ(1959年)

今年、2015年はタピオ・ヴィルカラ生誕100年になります。

タピオ・ヴィルカラ 1915年6月2日~1985年5月19日)は、フィンランドを代表するデザイナー、彫刻家。

1947年、イッタラ社のデザインコンペに優勝し、1951年にミラノで行われたトリエンナーレで三部門金メダルを受賞し、名声を不動のものとしました。彼のデザインは、ガラス食器やカトラリーといったテーブルウェアから、テーブルや椅子、照明といった家具、ケチャップやシャンプー容器などの工業デザイン、紙幣やオリンピックの記念切手にいたるまで、実に多彩でした。

氷や水、木の葉など、自然の要素を巧みにモチーフに取り入れ、見る者にフィンランドの自然と対峙しているかのような感覚を抱かます。

1951年から1954年の間は、ヘルシンキ工芸大学の芸術科教授として、後進の指導にも当たりました。

ガラス製品
1952年: イッタラ タピオ (Tapio) ※トリエンナーレ入賞作品
1968年: イッタラ ウルティマ・ツーレ (Ultima Thule) シリーズ ※タンブラー、ショットグラス等




タピオ・ヴィルカラ


クラウス・ハーパニエミ

クラウス·ハーパニエミ(Klaus Haapaniemi)

1970

クラウス·ハーパニエミ(1970年生まれ)は、国際的に認められたデザイナーです。 ディーゼル、リーバイス、マリメッコ、ドルチェ&ガッバーナ、キャシャレルとベラの死者のための衣服をプリント、新ブランドを手がけています。彼はまた、イタリアのファッションハウスバンタムのクリエイティブ·ディレクターとして一緒に働いていたフィンランドの作家ロサ·リクソムと「ジャイアンツ」と題する本を出版し、オブザーバー新聞のイラストを制作、展示会で彼の作品を示しています。
彼のイラストは、神秘的なイッタラ タイカコレクションに良い例を民俗への参照を持っていることは事実です。

2015年にクラウス·ハーパニエミが利口な女狐の物語が同じオペラをもとにフィンランド国立オペラ月2015年に行わオペラの公演のための視覚世界を作成することによって、彼のオペラのセット設計のデビューをした、と彼はイッタラのためTanssi(タンシ)コレクションを作成しました。


シリーズ: タイカ / Taika(タイカ) テキスタイル / Tanssi(タンシ)

デザイナー: Klaus Haapaniemi(クラウス·ハーパニエミ)

14時までのご注文即日発送
郵便振替等の前払を除く

FAX注文用紙
FAXでもご注文いただけます

商品ブランドで選ぶ
北欧ブランド
中欧・東欧ブランド
南欧ブランド
西欧ブランド
日本ブランド
その他の地域

店舗でのご購入にあたって

北欧雑貨入荷状況

生産終了(廃番)情報

北欧食器原産国一覧

暮らしを育む特集

デザイナー紹介

ダイニング ラルゴ in 柳井

柳井地域情報

価格改定

SNSで情報発信中

facebook

Twitter

Instagram

Pinterest

Pinterest

ページトップへ